スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成22年度エコキュート導入補助金の第2期募集が始まりましたね

平成22年度エコキュート導入補助金の第2期募集が始まりましたね。
オール電化をお考えの方ならご存知の方も多いと思います。
期間が決まっていて先着順になります。
第1期も始まって一ヶ月位で終了しましたので、
決まっているなら施工期間内であれば早めに出しましょうね。

第2期募集期間は:平成22年6月7日?平成22年7月23日まで


詳しくは「日本エレクトロヒートセンター」のHPを見て下さい。
申込状況が%で確認できます。(現在32%です)

記事:C.S
スポンサーサイト

テーマ : マイホーム
ジャンル : 結婚・家庭生活

tag : エコキュート 補助金 オール電化

新しいエコキュート

今話題のエコキュートですが、矢崎総業というところから新しいタイプの
エコキュートが発売されました。
以前からあった太陽熱温水システムとエコキュートが組み合わさったような機械だと
思うのですが、「太陽熱集熱器対応エコキュート(仮称)」とHPには載っています。
深夜安い電力で、空気の熱を利用しお湯を沸かすエコキュートと昼間太陽熱を利用して
お湯を作る太陽熱システム。
この二つを組み合わせてお湯を作れば、実際はどうなるか解りませんがおそらく光熱費を
かなり削減できるのではないかと思います。
通常エコキュートのみだと季節別時間帯別電灯の安い深夜電力を用いてお湯を作り、
日中使うというサイクルになります。ただ、お湯の使用量が多いと日中でもエコキュート
が動いてしまいます。(設定にもよりますが)
また太陽熱温水器など、太陽熱を利用するシステムは太陽が出ていない夜中などお湯を作
ることができずヒーターで温め直しが必要になります。

この二つが合わさると、お互いの短所を補ってより効率よくお湯を作ることが
可能になりそうです。また、天候予測機能や給湯使用量学習機能など、いかにお湯を
効率よく作るかにこだわった機能が満載のこのエコキュートは次世代エコキュートとでも
呼べそうですね。燃焼式の給湯器と比較すると年間のCO2排出量が70%程削減できるということです。
まだ発売して間もないこの商品ですが、少し勉強をしてお客様にご紹介できればなと思っています。

天候予測ってすごいですね

記事:営業H

テーマ : 暮らしを助けるアイテム
ジャンル : 結婚・家庭生活

tag : エコキュート 太陽熱 給湯器

やさしいエコ

みなさんは普段どんなエコな活動をされていますか?
買い物袋を持参したり、マイカー通勤を控えたりと様々なエコ活動がありますよね。
一人ひとりが意識して取り組むことが地球温暖化を遅らせる一助になっているのだと思います。
ただ、いくら意識的に行っていても限度もあります。
日々生活していくのに電気、ガス、水道その他もろもろのエネルギーに頼らなければ
生活は成り立ちません。しかもほぼ無意識に使っています。
この無意識を逆に利用してできるエコな活動がありますね。
ご存知太陽光発電です。太陽光発電にオール電化も加えると効果はさらに上がります。
太陽光発電は文字通り太陽の光を使って電気を作る機械です。
まさに無限のエネルギー資源です。太陽光発電はこの先必ずどのご家庭でも付けるように
なると思います。そしてオール電化です。こちらも給湯システムをガスから電気に替えることで
今までの半分程度にCO2が減らせます。

これからは意識的に行うエコと、無意識にできるエコを両立させながら温暖化問題に
取り組む時期がもうきている様に思います。
個人で行うエコは基本的におサイフにもやさしくなると思います。
地球にもおサイフにもやさしい人でありたいですね。

記事:営業H

テーマ : お仕事日記☆
ジャンル : 就職・お仕事

tag : エコ 太陽光発電 オール電化 温暖化

太陽光発電の導入に向けて

現在日本で太陽光発電を導入している住宅の割合は2008年のデータで1%程度と聞いたことがあります。
この普及率が一般的に多いのか少ないのかはわかりませんが個人的な感想としてはまだまだのような気がします。

この太陽光発電の効果的な設備量は一般的な住宅で、3kW?4kW程度で家庭で消費する電力を賄えると言われています。
そして1kWあたりの導入単価が65万円程度と言われていますので200万円?250万円くらいでしょうか?
国や自治体の補助金など導入支援は有りますがまだまだ高価な設備であることに変わりはありません。
この高価な初期費用によって導入したくてもできない人がたくさんいるのではないでしょうか?
電気の新しい買い取り制度など支援策は打たれていますが、普及率がグッと上がるのはもう少し手ごろに設備が導入できる時だと思います。
温暖化を防ぐには今すぐ行動しなければならないという時期からすると少しもったいない期間なのかも知れませんね。

記事:営業H

テーマ : マイホームへの道
ジャンル : 結婚・家庭生活

tag : 太陽光発電 温暖化 電気

太陽光発電の新しい取り組み

今年も始まってもう2週間が経ちましたがいかがお過ごしでしょうか?
我が社は去年に引き続きバタバタしております。

突然ですが、太陽光発電についてみなさんはどのような認識をお持ちですか?
おそらく「エコな商品だろう」とか「電気代が安くなるだろう」と、こんな感じでしょうか?
TVCMや雑誌などでも特集が組まれるほどですので価格や発電量なども少し調べれば簡単に情報が手に入ります。

その中でも知っていてお得というか、知らないと損なお知らせが1点あります。
近々太陽光発電の導入をお考えの方は特に知っておいて損はないですよ。

昨年の11月1日より新しい電気の買い取り制度がスタートしました。
この制度はある一定の基準(一般住宅で10kW未満の設備導入等)で従来の買い取り価格の倍(24円→48円)の金額で電力会社が買い取ってくれます。
なんという厚遇でしょうか!しかも10年間買い取り価格は変わりません。
ただし、この買い取り価格が実現できるのが平成22年の3月31日までに太陽光の申請をし、かつ平成22年6月30日までに売電を開始すればという条件付きです。このタイミングを逃すと買い取り価格が平成23年度より徐々に下がっていきます。
一番高く買い取ってくれるのが今なのです。
1年後位にとお考えの方は少し早めてみるといいかもしれませんね!
もちろん弊社でもご相談にのれますのでその時には是非!

記事:営業H

テーマ : マイホームへの道
ジャンル : 結婚・家庭生活

tag : 太陽光発電 エコ 電気代

EIKOU-TEC

栄光コーポレーション STAFF

Author:栄光コーポレーション STAFF

オール電化やエアコン等の住宅設備を施工販売している 株式会社 栄光コーポレーション のスタッフブログです。

住宅設備に関する様々な情報を発信しています。

 

(株) 栄光コーポレーション
所在地神奈川県横浜市
都筑区川和台12-5
営業日日祭日を除く平日
営業時間9:00?17:00
電話番号045-941-3877

カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブログランキング


人気ブログランキング
にほんブログ村 住まいブログへ

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
SEO
  • seo
FC2投票
無料アクセス解析
見積依頼
オール電化等の住宅設備に関する御見積もりをメールにて受け付けております。もちろん御見積もりは無料です。但し、弊社の営業エリア内の方に限らせていただいております。
 
弊社の営業エリアは神奈川県・東京都・千葉県・埼玉県・静岡県です。

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。